脂漏性皮膚炎の頭皮に馬油やオイルは厳禁!保湿で悪化する驚きの理由
TOP >> 脂漏性皮膚炎の頭皮に馬油やオイルは厳禁!保湿で悪化する驚きの理由

頭皮の脂漏性皮膚炎は“保湿”のやり方を間違うと赤いブツブツや痒みが悪化する理由とは?

脂漏性皮膚炎は保湿のやり方で悪化するの?

kadason,カダソン,脂漏性皮膚炎,保湿

頭皮の脂漏性皮膚炎の“保湿”に馬油・ホホバオイル・保湿クリームを使用すると悪化の原因になります。

 

【どうして悪化するの?】

皮脂に近い良質な保湿成分は脂漏性皮膚炎を引き起こす原因菌の“マラセチア真菌”の栄養(エサ)になります。

 

間違った“保湿ケア”で頭皮環境が悪くなり“フケ・かゆみ・ブツブツ”の【原因】になってしまうのです。

 

 

【脂漏性皮膚炎の保湿には?】

頭皮の脂漏性皮膚炎の保湿にはマラセチア真菌の栄養(エサ)にならない《水溶性の保湿成分》がおすすめです。

 

 

▼KADASONシャンプーの【保湿】成分はこちら▼

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

頭皮の辛いカユミとフケにおすすめのシャンプー【KADASON】

 

 

 

 

 

 

頭皮の脂漏性皮膚炎は、保湿剤の選び方、やり方を間違ってしまうと

 

症状がひどくなってしまうので《保湿剤》選びや成分に注意が必要です。

 

 

脂漏性皮膚炎の原因菌“マラセチア真菌”は、

 

皮脂にちかい良質の保湿成分でも増殖して症状の悪化させてしまうのです。

 

 

 

 

原因菌の“マラセチア真菌”が増えてしまう【理由】とは?

 

マラセチア真菌は皮脂を栄養(エサ)にして増殖するのですが・・・、

 

皮脂に近い『馬油・ホホバオイル・保湿クリーム』で保湿をすると

 

マラセチア真菌に栄養(エサ)を与えているようなものでさらに増殖してしまうのです。

 

 

 

保湿のやり方、間違っていませんか?

 

皮脂にちかい良質の保湿ケアに『馬油・ホホバオイル・保湿クリーム、ローション』以外にも

  • 椿油
  • 茶樹精油
  • 精油

など『~油』が名前に付くもの上げられますが、その他にも

  • ワセリン
  • ベビーオイル
  • オリーブオイル
  • ココナッツオイル

『~オイル』とつくものや

  • 乳液
  • オロナイン

化粧水や美容液、市販薬など数多くありますが・・・、

 

これらは、どれも先に述べたように頭皮の脂漏性皮膚炎の根本的な【原因】の“マラセチア真菌”の

 

栄養(エサ)になってしまい使用すると増殖しやすい頭皮環境になってしまいます。

 

 

頭皮の脂漏性皮膚炎の“保湿”をネットの口コミや評判を検索すると出てくる馬油やホホバオイルの

 

悪い口コミや悪評があるのは、このためです。

 

 

もちろん健康な頭皮の状態では、安心した“保湿効果”が期待できるので勘違いしないように注意してくださいね。

 

 

 

 

頭皮の脂漏性皮膚炎の“保湿”ならカダソンスカルプトリートメント

 

頭皮がテカル、ベタ付く【脂漏】の状態やしつこい痒みや大きなフケ、肌の赤みなどの辛い症状が出る

 

頭皮脂漏性皮膚炎の“保湿”には、マラセチア真菌の栄養(エサ)にならない

 

水溶性の保湿成分の「シロキクラゲエキス」配合した

 

KADASONカダソンスカルプトリートメントがおすすめです。

 

 

 

頭皮に付いても安心なので、髪の毛の潤いが欲しい方や髪の毛のゴワツキ、パサツキの気になる方など

 

男性・女性問わず使用できる頭皮脂漏性皮膚炎の“保湿成分”です。

  ↓  ↓  ↓

フケとカユミをとるシャンプー【KADASON】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【関連記事はこちら】

 

カダソンスカルプシャンプー最安値ならアマゾン・楽天市場より公式ページがお得!?

 

カダソンスカルプシャンプーの正しい洗い方と効かない時の理由とは?

 

 

カダソンスカルプシャンプー,カダソンシャンプー,カダソン,kadason

【KADASON シャンプー】
頭皮の脂漏性皮膚炎対策なら KADASON│カダソン 薬用 スカルプシャンプーで洗浄&殺菌!!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓

メニュー

カダソン,スカルプ,シャンプー,トリートメント

にほんブログ村 頭皮・地肌