TOP >> 脂性フケと乾性フケの両方に使えるシャンプーおすすめはカダソン

脂性フケや乾性フケが治らない時におすすめの頭皮の脂漏性皮膚炎専用シャンプー【カダソン】

フケが出る事じたいは、病気ではありません。頭皮の新陳代謝(ターンオーバー)により古くなっってはがれた落ちた角質がフケと呼ばれます。

 

フケの一番の悩みは、髪の毛に浮いてきたり、肩口まで落ちてきて他人に見えてしまうため不潔な印象を与えてしまうことです。

 

 

【フケの種類】フケは、乾性フケと脂性フケの2つの種類があります。

フケの種類には、2種類のタイプがあり、脂性フケと乾性フケに分かれます。

  • 乾性フケ~脂っぽく頭皮に貼り付きます。
  • 脂性フケ~乾燥していて剥がれ落ちてきます。

 

 

フケの原因とは?

フケには、2種類のタイプがありますが原因は、とちらも頭皮の皮脂バランスが崩れた時に肌の常在菌が異常に増殖して引き起こります。

 

普段は、頭皮の免疫の役割をしている常在菌ですが、間違った頭皮スキンケアなどにより、頭皮の乾燥や皮脂の過剰な分泌が原因になりフケ出てきます。

 

フケ対策をせず、「いつか治るだろう」と様子を見ていると症状が悪化して、大量のフケや塊(かたまり)のフケや強い頭皮の痒みができます。

 

さらに、症状がひどくなると抜け毛が多くなり薄毛になる場合もあるようです。

 

 

 

乾性フケと脂性フケの見分け方

脂性フケと乾性フケの見分け方は、頭皮の皮脂の状態によりフケの状態をみれば見分ける事は簡単です。

 

脂性フケの見分け方

脂性フケの特徴は、皮脂を多く含み頭皮に張り付きます。頭を掻くと大きめのフケや塊(かたまり)のフケが落ちてきます。

 

また、爪の間にも入り込んだりします。脂性フケは、季節的に汗を飽きやすい“夏”に多く見られます。

 

 

 

乾性フケの見分け方

乾性フケは、乾燥していて白く細かいのが特徴です。頭を掻くと白くサラサラとしたフケが落ちてきます。

 

乾燥した状態で季節的には、空気が乾燥しやすい冬に多くなります。

 

 

 

フケ対策:自己流のフケ対策で症状がひどくなっていませんか?

薬局やドラッグストアーで売られている市販の『フケ・かゆみシャンプー』で毎日、きちんとシャンプーしているのにフケが多くなってしまった。強い痒みまで出てきたという方いませんか?

 

フケがひどくなってくると、頭皮の脂漏性皮膚炎の予備軍かも?

 

 

 

脂性フケ・乾性フケ対策におすすめのアミノ酸シャンプーはこちら

フケ対策で大事なことは、フケの状態(脂性フケ・乾性フケ)、頭皮の肌質(乾燥肌・油性肌・敏感肌)にあったアミノ酸シャンプーで正しい頭皮スキンケアすることです。

 

 

間違った頭皮スキンケアでは、逆にフケの症状が悪化してしまうことも・・・

 

頭皮の新陳代謝(ターンオーバー)を整えて健康な頭皮を取り戻しましょう。

 

 

KADASONカダソンスカルプシャンプーは、フケの原因である頭皮の常在菌のバランスを整えて頭皮を正常な状態へ近づけていきます。

 

 

カダソンの詳細をすぐに知りたい人はこちら

 

▼KADASON(カダソン)公式サイト▼

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

頭皮の辛いカユミとフケにおすすめのシャンプー【KADASON】

 

 

 

 

 



KADASON カダソン薬用スカルプシャンプー最安値価格

頭皮の痒み、フケ、抜け毛、赤み、抜け毛対策に

~医薬部外品・脂漏性皮膚炎対専用抗真菌シャンプー~

販売会社 : Ys(ワイズ)株式会社



カダソンスカルプシャンプー,カダソンシャンプー,カダソン,kadason

【KADASON シャンプー】
頭皮の脂漏性皮膚炎対策なら KADASON│カダソン 薬用 スカルプシャンプーで洗浄&殺菌!!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓

メニュー

カダソン,スカルプ,シャンプー,トリートメント



にほんブログ村 頭皮・地肌