TOP >> 頭皮トラブル解消法 | 頭皮トラブルならカダソンスカルプシャンプー

頭皮トラブル解消法 | 頭皮のカユミやフケの改善が期待できるKADASON(カダソン)シャンプー

 

早く治したい頭皮トラブルのカユミやフケ、赤み、解消法が見つからずに悩んでいませんか?

 

 

頭皮トラブル解消法

 

頭皮トラブルは、毎日のスキンケアの「やり方」で症状の改善が期待できますし

 

やり過ぎや間違ったスキンケアのやり方で、よけいに悪化もしていきます。

 

頭皮トラブル解消法

 

 

 

皮膚科でステロイドを処方してもらったけど・・・

皮膚科で診察を受けて、処方薬をもらっても なかなか改善しない・・・

 

頭皮トラブルが改善しないのは、普段のスキンケアが合わないのが原因かもしれません。

 

 

皮膚科でもらうステロイドは、改善に効果が期待できますが、普段のスキンケアが間違っていると

 

そこに、症状を引き起こす【原因】があるのです。

 

 

治療しながら症状を悪化させている悪循環なんです。

 

 

 

自宅での頭皮トラブル解消法

辛い頭皮トラブルが治らないと悩んでいるなら、

 

一度、普段の頭皮スキンケアを見直してみましょう。

 

 

自宅で出来る頭皮トラブル解消法は、意外とシンプルで簡単なんです。

 

症状が悪化して皮膚科に行く前に、なんとなくカユミやフケや赤みの症状が出てきたら

 

 

自宅で出来るシンプルな『頭皮トラブル解消法』になるスキンケアのやり方で実践していきましょう。

 

 

 

■目次~頭皮トラブル解消法

 

 ▶頭皮トラブルの【症状】

 ▶カユミやフケの【原因】とは?

 ▶正しいシャンプーのやり方

 ▶頭皮の【皮脂バランス】を整える

 ▶体の中から~食事の【栄養バランス】

 ▶体の外から~無添加の【シャンプー】を切り変える

 

 

 

◆頭皮トラブルの3つの【症状】

 

頭皮トラブルは、主に痒み・フケ・赤みの3つが主な症状になります。

 

悪化すると痒みが治まらない、大きなフケ(かたまりのフケ)、赤みが頭皮だけでなく

 

生え際や顔、首、背中にも症状がひろがってくる場合もあるので早めの頭皮トラブル解消法で

 

頭皮に合ったスキンケアを取り入れていきましょう。

 

 

【頭皮トラブルの悩み~主な3つの症状】

  1. 頭皮の痒みが治らない
  2. フケが止まらない
  3. 頭皮の赤みを治すには

 

 

 ▶目次にもどる

 

 

 

◆カユミやフケの【原因】とは?

頭皮に限らず、生え際や顔、首、背中、脇などのカユミの大きな原因は、

 

皮脂バランス』の崩れや『界面活性剤』が刺激や『』に含まれる

 

塩分・尿素・乳酸塩が刺激なって引き起こします。

 

 

【頭皮のカユミ・フケ・赤みを引き起こす原因】

  1. 皮脂の洗い残し・洗い過ぎ
  2. 頭皮の乾燥
  3. 肌のカビ菌「マラセチア真菌」が増えている
  4. 汗の成分による刺激
  5. タオルに残った洗濯洗剤の成分

 

 

市販のシャンプーやコンディショナー、トリートメントの成分

市販されているシャンプーやリンス、コンディショナー、トリートメントには、

 

石油系の界面活性剤が配合されています。

 

 

洗浄力が強く、皮脂を洗い落とし過ぎて頭皮が異常に乾燥してしまうのです。

 

さらに、頭皮に残ってしまった界面活性剤が刺激になり

 

痒みやフケ、赤みなどの炎症が起こります。

 

 

 

頭皮の皮脂を洗い過ぎると

皮脂の洗い過ぎは、頭皮の乾燥をまねいてしまい乾燥を防ぐ為に、皮脂が多く分泌されるのです。

 

この状態を『脂漏』と言い、頭皮の脂が多くなったり、テカリや、髪の毛のベタツキが出てきます。

 

 

 

頭皮の皮脂の洗い残しがないように注意

シャンプーでの洗浄が不十分な洗い残しや乾燥により多くなった皮脂は、肌の常在菌のカビ菌

 

『マラセチア真菌』が好み栄養(エサ)になってしまうため、マラセチア真菌が異常に増殖してしまうのです。

 

 

カビ菌である『マラセチア真菌』の異常な増殖も頭皮のカユミやフケ、赤みを引き起こす原因なんです。

 

 

 

タオルの洗濯洗剤も界面活性剤が配合されています。

頭皮トラブルの意外な原因が洗顔や入浴後に毎日、使っているタオルです。

 

市販されている洗濯洗剤にもシャンプー同様に界面活性剤が配合されています。

 

 

タオルを使用することで、頭皮や顔に界面活性剤を付着させていることで、

 

痒みやフケ、赤みを引き起こす『刺激』になってしまうのです。

 

 

 

界面活性剤は、一度、頭皮や顔に付着すると、完全に落とすことはできません。

 

入浴時に丁寧にすすいでも肌に残ってしまうのです。

 

 

この界面活性剤が頭から、全身に流れ落ちながら肌に残って刺激になることで

 

付着した部位の炎症を引き起こす原因にもなってしまうのです。

 

 

 

 ▶目次にもどる

 

 

 

 

◆正しいシャンプーのやり方

 

シャンプーの基本は、1日1回です。

 

1日過ごして、汚れてしまった頭皮は、その日のうちでシャンプーして、清潔にしましょう。

 

特に頭皮の皮脂は、酸化して毛穴が詰まったり、雑菌やバクテリヤが増殖してしまうのです。

 

 

【シャンプーの頻度・回数・やり方の基本】

  1. 頻度は、夜の1日1回が基本
  2. お湯の温度は、約38~40度が適温
  3. シャンプーは、1度洗い
  4. すすぎは、シャンプーの約2倍の時間
  5. コンディショナーやトリートメントは頭皮に付けない

 

 

シャンプーのやり方の手順・方法

シャンプーは、髪の毛ではなく【頭皮】を洗うイメージです。

 

 

【シャンプーのやり方の手順】

  1. ブラッシング
  2. お湯(約40度)での約2~3分予洗を行う
  3. 手の平で泡立てた後、根本でさらに細かく泡立てる
  4. 指の腹で軽くこすりながらマッサージするように洗う
  5. シャワーヘッドを近づけて、十分にすすぎをする

 

シャンプーは、すすぎも十分、気を付けておこなってください。

 

特に『生え際』や『耳の周り』、『襟足(えりあし)』は、すすぎが不十分だと

 

界面活性剤がなどの成分が残ってしまい炎症の【原因】になります。

 

 

【YouTube】プロが教える!シャンプーテクニック

シャンプーのやり方&頭皮マッサージのやり方

 

 

 

シャンプーは、2度洗いに注意

男性の脂性の方は、シャンプーを2度洗いしている方が多いと思いますが

 

男性、女性どちらも1度のシャンプーで十分に汚れは落とせます。

 

 

2度洗いで頭皮の皮脂を洗い落とし過ぎが頭皮のテカリの【原因】になるので

 

頭皮の汚れ具合をみて「2度洗い」は、行ってください。

 

 

 

シャンプー前に丁寧にブラッシング

シャンプー前には、頭皮を傷つけないブラシで丁寧にブラッシングがおすすめです。

 

頭皮や髪の毛の汚れを浮かせながら、血行促進して新陳代謝しやすい頭皮環境にしていきましょう。

 

 

 

ブラッシングのやり方

ブラッシングは、はじめに毛先からの根元に向かって、毛先のもつれをほぐしながら行います。

 

次に、髪の根元部分から、毛流れに逆らうようにマッサージするように行います。

 

無理に引っぱたりしないように、優しくやるのがコツです。

 

 

 

ブラッシング用のブラシの選び方

ブラッシングは、毎日の頭皮スキンケアの基本として、取り入れていきましょう。

 

 

【おすすめのブラシの選び方のポイント】

  1. 大きめクッション性のあるものを選ぶ
  2. 豚毛ブラシや猪毛ブラシがおすすめ
  3. 持ち手がつかみやすいもの

 

シャンプー前にブラッシングをすることで、シャンプー時の汚れ落ちが格段に良くなります。

 

泡立ちも良くなるので一石二丁になります。

 

 

 

 ▶目次にもどる

 

 

 

◆頭皮の【皮脂バランス】を整える

健康な頭皮は、正しい頭皮スキンケア方法を実践することが必須です。

 

頭皮環境が良いという事は、頭皮の【皮脂バランス】が良いという事なんです。

 

 

健やかな肌・頭皮は、『弱酸性』を頭皮の常在菌のバランスで保っている状態なんです。

 

頭皮環境の良い状態では、『表皮ブドウ球菌』が「汗」「皮膚」を食べて

 

『脂肪酸』を排出して頭皮を【弱酸性】を保っています。

 

 

 

肌質に合った正しい『頭皮スキンケア』の【頻度・回数・やり方】で行う事で

 

皮脂バランス】が良い状態が維持できるのです。

 

 

これが、【頭皮トラブル解消法】となるのスキンケアの基本になってくるのです。

 

 

 

頭皮の【皮脂バランス】が悪い状態とは?

頭皮トラブルのカユミやフケ、赤みの症状がある状態は、肌の皮脂バランスが崩れて、

 

頭皮が『アルカリ性』になっています。

 

 

シャンプーのやり過ぎや洗浄力の強い成分の抗真菌シャンプーを使っていくと

 

 

健康な頭皮に必要な『表皮ブドウ球菌』殺菌され減ってしまい、『アリカリ性』を好む病原菌や

 

肌のカビ菌の『マラセチア真菌』が増殖します。

 

 

石油系の界面活性剤配合のシャンプーで『肌バリア』が弱くなってしまうと

 

頭皮トラブルを引き起こす『細菌感染』のリスクが高まってくるのです。

 

 

 ▶目次にもどる

 

 

 

◆体の中から~食事の栄養バランス

 

健康な頭皮の角質層は、約20%の水分を保っていて、

 

約28日間のサイクルの『ターンオーバー』で肌は、新しく生まれ変わっています。

 

 

 

ターンオーバーの周期の乱れ

 

ターンオーバーの周期に乱れがる状態は、頭皮トラブルがある状態です。

 

頭皮トラブルの解消法』は、体の外からのスキンケアだけでなく

 

体の中から、調子を整のえることも大切です。

 

 

食事の『栄養バランス』も気を付けていきましょう。

 

 

無理なダイエットも肌の調子を崩す【原因】になるので注意が必要です。

 

 

 

食事の栄養バランス

 

健康な頭皮の為に食事で摂取する栄養は、バランスよく摂ることで効果が期待できます。

 

各栄養素は、互いに補いあうことで体や肌の健康を維持しています。

 

 

【食事で摂取できる主な栄養素】

  1. 糖質
  2. 脂質
  3. タンパク質
  4. ビタミン
  5. ミネラル
  6. 食物繊維

 

 

健やかな頭皮は、健康な体が基本です。

 

【頭皮トラブル解消法】のスキンケアも大事ですが、毎日の食事も見直して

 

体に必要な『栄養素』をバランスよく摂取していくのが大切です。

 

 

忙しいく時間のない方や仕事で外食が多い方は、手軽にバランス良く栄養が摂れる

 

野菜ジュースや青汁、プロテインなどを食生活に合わせて取り入れていきましょう。

 

>> 一皿の料理のように濃厚!伊藤園の野菜ジュース

 

 

 

 ▶目次にもどる

 

 

 

◆体の外から~シャンプーを切り変える

 

薬局やドラッグストアーなどで市販されているシャンプーには、

 

ほとんど石油系の界面活性剤が配合されています。

 

 

頭皮トラブルは、頭皮の『炎症』ですので早く治す為には、

 

出来るだけ頭皮に刺激を与えるものを取り除いていきましょう。

 

 

 

市販の抗真菌シャンプーは【効果】あるの?

市販のカユミやフケ止めシャンプーは、より洗浄成分が強く成分が『刺激』にもなってしまいます。

 

 

また、頭皮の『カユミやフケ』 『頭皮ニキビ』 や 『頭皮の臭い』 対策用の抗真菌シャンプーなどは、

 

殺菌力が強く美肌・健康な頭皮に必要な免疫の役割りをする

 

美肌に必要な常在菌まで殺菌して減らしてしまいます。

 

 

 

皮膚科で紹介しているシャンプーは効くの?

頭皮トラブルの解消には、『天然由来成分』を作られた無添加シャンプーが必要になってきます。

 

 

皮膚科では、抗真菌シャンプーの『コラージュフルフル』が、おすすめのシャンプーとして紹介されていますが

 

殺菌力が強く健康な頭皮の維持に必要な常在菌まで減らしてしまうので

 

中には、合わない方も変化なしの方も多くいらっしゃいます。

 

 

 

脂性肌や脂漏性皮膚炎専用のシャンプー【KADSON/カダソン】

頭皮トラブル解消法のスキンケアにおすすめなのシャンプーは、『頭皮湿疹』や

 

頭皮の『脂漏性皮膚炎』、『脂漏性湿疹』 の皮膚科専門医が監修・開発した

 

頭皮の辛いカユミとフケの改善が期待できるカダソンスカルプシャンプーです。

 

 

発売前に皮膚科に頭皮の【痒み・フケ・赤み】の治療で通院中の患者さんにモニターで使ってもらい

 

モニター満足度93%の高評価を受けて商品された【無添加】の天然由来成分99%で作られた

 

 

頭皮トラブルの解消に安心して使用できるスカルプシャンプーです。

 

 

【KADASON】カダソンスカルプシャンプー

カダソンの詳しい内容は《公式》HPで確認できます。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

 

 

 

 ▶目次にもどる

 

 

 

 

=

【PR】【KADASON公式】
頭皮のカユミやフケ、赤みに
皮膚科医が監修したカダソン
通販の最安値なら公式サイト
↓  ↓  ↓  ↓

メニュー