TOP >> 洗髪後の《タオルドライ》で頭皮の【脂漏性皮膚炎】が悪化する理由とは?

洗髪後の《タオルドライ》が頭皮の【脂漏性皮膚炎】を悪化させる原因だった理由とは・・・?

 

しつこい頭皮の脂漏性皮膚炎の“かゆみ・ふけ・赤み”

 

カダソンスカルプシャンプー,脂漏性皮膚炎,kadason,治らない

 

毎日、頭皮に合ったシャンプーでケアしていても

 

・なかなかよくならない

・フケ、かゆみが続いている

・かゆみなしだけど・・・

 

など症状が改善しないと感じていませんか?

 

その【原因】の1つに《タオルドライ》があります!

タオルドライ

【チェック!】

タオルドライの“やり方”が原因では、ありません!

 

洗髪後の“タオルドライ”のやり方や

タオルに付いた肌の“カビ菌”

肌の常在菌マラセチア真菌が原因ではないので

 

タオルを変えるだけでは、なにも変化はありません

 

 

※肌の常在菌のマラセチア真菌は、頭皮や顔の皮脂を

 栄養とするのでタオルでは、増殖しません。

 

 

この症状は、

 

頭皮の【脂漏性皮膚炎】専用の

 

【KADASON】カダソンスカルプシャンプーで毎日、

 

1日1回の頻度で適度にシャンプーしていても同じで

 

かゆみやふけ、赤みが思うように改善しないのです。

 

 

 

その【原因】とは!?

 

タオルを使うことが原因ではなく

 

タオルの《洗濯洗剤》に問題がありました!!

 

洗濯

 

洗濯洗剤の成分が繊維に残留してしまい

タオルから頭皮に付着することで肌トラブルを

 

引き起こす【原因】になってしまいます。

 

 

 

 

 

■目次

 

 ▶タオルドライが原因で起こってしまう《症状》

 

 ▶タオルが原因で脂漏性皮膚炎が治らない《理由》

 

 ▶肌に刺激の少ない《AE系の界面活性剤》とは?

 

 ▶《AE系の界面活性剤》配合の洗濯洗剤はコレ

 

 ▶頭皮の脂漏性皮膚炎の治し方ってあるの?

 

 ▶お買い得情報♪

 

 

 

◆タオルが原因で起こる症状

 

《タオル》を使うことで頭皮の【脂漏性皮膚炎】が

 

よくならない、改善しない場合があります。

 

 

 

毎日、頭皮の【脂漏性皮膚炎】でシャンプーして、

 

頭皮清潔にして、スキンケアを心がけても

 

症状がなかなか よくならない場合があるのです!

 

 

 

“酷くもならない&良くもならない”状態や

 

かゆみがフケ、赤みの症状が何度も“ぶり返す”

 

フケや赤みの症状は、あるのに“かゆくない”ような

 

頭皮の状態が続くことがあります。

 

 

これは、

 

【KADASON】カダソンスカルプシャンプーでも

同じ事で症状が起こってしまうのです。

 

 

でも?

 

KADASONシャンプーには

脂漏性皮膚炎に効果が期待できる成分が

配合されているんじゃないの!?

 

っと、疑問が出てきますね。

 

 

カダソンには、頭皮の脂漏性皮膚炎の

『かゆみ・フケ・赤み』など、炎症を抑える

天然成分が厳選されて配合されています!

 

kadason,カダソン,スカルプ,シャンプー

 

脂漏性皮膚炎の“かゆみ・フケ・赤み”を抑える

 

“抗炎症成分”の《グリチルリチン酸2K》

“抗菌成分”の《サリチル酸》

 

他にも

 

“天然成分の《アミノ酸》”

“水溶性保湿成分の《シロキクラゲエキス》”

 

を配合しているので

症状の軽いひとでは、初めて使った後でも

かゆみの軽減を実感する方もいるのですが・・・!?

 

 

洗濯方法の間違ったタオルで《タオルドライ》を

すると症状を繰り返すこ【原因】になってしまい

肌トラブルを引き起こしてしまうのです。

 

 

目次にもどる

 

 

 

◆タオルが原因で脂漏性皮膚炎が治らない理由

 

タオルドライが【原因】で脂漏性皮膚炎の

かゆみやフケ、赤みが治らない理由とは・・・!?

 

タオルドライが頭皮に悪い訳ではありません。

 

タオルに付着している

 

石油系の《界面活性剤》が原因なんです!!

 

洗濯洗剤の成分がタオルに残留してしまい

 

頭皮や顔に付着することで、かゆみやフケ、赤みを

 

引き起こす【原因】になってしまいます。

 

 

洗濯洗剤や洗濯石鹸には、汚れを落とすために

『石油系・界面活性剤』が使われています。

 

 

洗濯して、タオルに残ってしまった

『界面活性剤』がタオルドライ時に頭皮や顔に

付着してしまい 頭皮に刺激が起こることで

 

脂漏性皮膚炎の症状の

痒み・フケ・赤みが起こってくるのです。

 

 

これが、洗髪後のタオルドライをして、

脂漏性皮膚炎が治らない理由なんです。

 

 

目次にもどる

 

 

 

◆洗濯洗剤・石鹸と柔軟剤を変えてみる

 

タオルを洗濯する洗剤や石鹸を変えるだけで

 

タオルドライで頭皮や顔の脂漏性皮膚炎を悪化させる

 

【原因】は、減らすことが出来ます。

 

 

また、

 

《柔軟剤》の成分は、

繊維に残ることで効果を発揮します。

 

その成分が肌に触れてしまうと刺激をうける

 

事になるのでタオルや肌着、ハンカチには、

柔軟剤を使わないのもおすすめです。

 

 

目次にもどる

 

 

 

◆《脂漏性皮膚炎》におすすめの洗濯洗剤

 

タオルやハンカチ、肌着を洗濯する洗剤を

 

《天然由来成分100%》生分解性を考えた

 

蛍光剤・漂白剤・着色剤・合成香料未使用

 

肌にも自然にも優しい成分でつくられた

洗濯洗剤がおすすめです。

 

>>> 天然由来成分100%!赤ちゃんと自然にやさしい万能洗剤

 

 

一般絵的には、“石油系界面活性剤”を使用している

洗濯洗剤・石鹸が主流になっています。

 

スーパーやドラッグストア、薬局で市販されている

洗剤を使用しているなら

 

《AE系の界面活性剤》を使用している

洗濯洗剤に変えるのもおすすめです。

 

市販品されている洗濯洗剤では、

ライオン トップ クリアリキッド 洗濯洗剤

が肌トラブル解消におすすめです。

 

 

目次にもどる

 

 

 

◆脂漏性皮膚炎の治し方ってあるの?

 

頭皮や顔の脂漏性皮膚炎には、

【KADASON】カダソンスカルプシャンプーと

 

kadason,カダソン,スカルプ,シャンプー

 

《天然由来成分100%》《AE系界面活性剤》

配合の洗濯洗剤を組み合わせて使っていくと

 

頭皮の脂漏性皮膚炎や他の部位の肌トラブルの

改善に効果が期待できますよ。

 

一度、肌に触れるものを見直していきましょう。

 

 

【チェック!】

洗濯洗剤を変える時の注意点があります!

 

天然由来成分100%やAE系界面活性剤配合の

洗濯洗剤に変更したときは、タオルを使用する前に

 

新しい洗濯洗剤で“2~3回”は、

洗い直してから使用していきましょう。

 

 

タオルに残留した【石油系・界面活性剤】を

洗い落としてから使うといいですよ♪

 

 

それでも、かゆみやフケ・赤みが治まらない時は、

思い切って新しい《タオルを変える》のも

 

症状の改善に期待が出来ます。

 

 

顔や頭皮、脇の脂漏性皮膚炎や

酒さ、酒さ様皮膚炎の症状が

 

なかなか治らない人は、今、使っている

スキンケア用品や身に着けているものに

 

肌を刺激する成分が配合されていないか?

チェックしてみましょう。

 

コチラの書籍を読むととても参考になりますよ。

 

書籍 >> 「何もつけない」美肌術

 

 

 

目次にもどる

 

 

 

◆お買い得情報♪

 

《脂漏性皮膚炎》の専門医が本気で開発した

【KADASON】カダソンスカルプシャンプー

《洗顔にも使えますよ♪》詳細はコチラ

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

 

 

《天然由来成分100%》で赤ちゃんにも使える

【蛍光剤・漂白剤・着色剤・合成香料未使用

《ドルチボーレ ナチュラルウォッシュ》詳細はコチラ♪

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

 

 

 

 

目次にもどる

 

 

 

 

 

 

=

【PR】【KADASON】公式サイト

メニュー