TOP >> カダソンシャンプーが効かない?効果なし?まさかの“理由と原因”とは!

カダソンシャンプーが効かない理由とは?実は脂漏性皮膚炎ではないかしれません!?

頭皮の治まらない痒みや大量のフケ、頭皮や生え際の赤みの症状で

 

皮膚科を受診すると頭皮の脂漏性皮膚炎と診断されると

 

頭皮,脂漏性皮膚炎,かゆみ,フケ,赤み

 

 

普段のスキンケアや使っているシャンプーやコンディショナー、

 

体を洗う石鹸やボディソープの種類や成分が気になって

 

 

できるだけ頭皮や肌に刺激の少ない製品を使いたくなりますね。

 

シャンプー,コンディショナー,リンス

 

 

 

頭皮の脂漏性皮膚炎専用のカダソンシャンプー

 

頭皮の脂漏性皮膚炎に良いシャンプーをネットでいろいろ検索してみると

 

脂漏性皮膚炎の皮膚科専門医が開発した

 

 

【KADASON scalp shampoo】(カダソンスカルプシャンプー)

 

KADASON(カダソン)スカルプシャンプー

 

 

が候補にあがってくると思います。

 

 

でも・・・

 

いざ購入しようと思い口コミを調べてみると

 

 

良い口コミと悪い口コミが本当に両極端に書かれていることにビックリします。

 

 

中には、自分に合うかどうか?

 

使ってみないとわからないと

 

試しに購入して、使ってみようとチャレンジする方もいらっしゃいますが

 

 

 

市販されているスカルプ(頭皮)シャンプーと比べると

 

価格が少しお高めなので、どうしようか?

 

迷ってしまう方も多くいるかと思います。

 

 

 

 

そこで、

 

【KADASON(カダソン)スカルプシャンプー】の成分や特徴を紹介しながら

 

 

カダソンシャンプーの悪い口コミにある

 

カダソンシャンプーが効かない!?

 

効果なし!?

 

変化なし!?

 

合わない!?

 

使用したら痒くなった!?

 

 

などの“理由と原因”を紹介していきます。

 

 

 

 

【KADASON(カダソン)スカルプシャンプー】とは?

 

【KADASON(カダソン)スカルプシャンプー】は、一般の発売前に

 

実際に皮膚科に通院通院中の患者さんにモニターで使ってもらって

 

頭皮,脂漏性皮膚炎,皮膚科

 

 

高評価だったため商品化された脂漏性皮膚炎専用の頭皮シャンプーなんです。

 

 

特徴は、皮膚科医が薬剤に頼らずに4つの天然由来成分にこだわって配合した成分です。

 

頭皮,脂漏性皮膚炎,成分

 

 

 

【KADASON(カダソン)】の4つの天然成分とは?

 

【KADASON(カダソン)スカルプシャンプー】には、皮膚科医が厳選した

 

4つの天然“由来”成分が配合されているのですが、

 

どういたった成分なのか?気になりますね。

 

 

 

その配合成分の大きな特徴をみてきましょう。

 

 

 

 

【カダソン】は、界面活性剤未使用!!

 

【KADASON(カダソン)スカルプシャンプー】の特徴は、何と言っても

 

『石油系界面活性剤未使用』というのが1つ目の大きな特徴です。

 

 

 

頭皮に刺激少なく、洗浄力が強すぎないため

 

皮脂の過剰な洗い落とし過ぎを防いでいく事で

 

頭皮を乾燥から守り、皮脂の過剰分泌を抑えてくれます。

 

 

 

 

頭皮の脂漏性皮膚炎の早く治したいなら

 

皮脂の洗い落とし過ぎを防ぐことが大事なんです!

 

 

 

 

頭皮のテカリやベタツキの原因とは?

 

頭皮のテカリやベタツキは、脂漏性皮膚炎の一歩手前の状態なんです。

 

 

頭皮のテカリやベタツキの原因にも洗浄力と刺激の強いシャンプーでの『洗い過ぎ』があります。

 

 

 

洗浄力の強いシャンプーで毎日、シャンプーしたり

 

 

人によっては、朝と夜に1日2回シャンプーして洗うことで頭皮が異常に乾燥してしまうのです。

 

 

 

その為、

 

肌は、乾燥から頭皮を守るために【皮脂】を過剰に分泌してしまうのです。

 

この状態を【脂漏】を言うのです。

 

 

 

 

【カダソン】は、マラセチア真菌を殺菌!!

 

頭皮の脂漏性皮膚炎を引き起こす根本的な原因は、

 

肌に常在菌のカビ菌である【マラセチア真菌】の増殖なんです!!

 

 

 

 

洗い過ぎからくる頭皮の乾燥を守るために【皮脂】が過剰に分泌されて

 

その状態を【脂漏】と紹介しましたが・・・

 

 

 

 

その過剰に分泌された皮脂を好むのが【マラセチア真菌】です。

 

 

 

 

【マラセチア真菌】は、肌の常在菌のカビ菌なんですが

 

 

 

皮脂を栄養とするので、頭皮がテカル、ベタつく【脂漏】の状態では、

 

 

【マラセチア真菌】は、一気に異常に増殖するのです。

 

 

 

 

マラセチア真菌が出す“代謝物”が原因で頭皮や肌の炎症である

 

 

 

 

掻き毟るような強い痒みや大量に出るフケ、かたまりのフケ

 

 

頭皮や生え際、耳の周り、襟足の赤み痒み、などを引き起こすのです。

 

 

気になる頭皮の“”臭い”は、マラセチア真菌の出す“ガス”の臭いなんです。

 

 

 

その脂漏性皮膚炎の根本的な原因のマラセチア真菌を減らしてくれるのが

 

 

 

【KADASON(カダソン)スカルプシャンプー】に配合されている

 

抗菌成分の『サリチル酸』でシャンプーするたびに【マラセチア真菌】を殺菌してくれるのです。

 

 

 

【KADASON(カダソン)スカルプシャンプー】の正しい効果的な使い方は、

 

 

指の腹でマッサージするように頭皮を洗浄した後に

 

 

 

“2~3分放置” して時間をおくことで

 

抗菌成分の『サリチル酸』がマラセチア真菌を殺菌します。

 

 

 

 

【カダソン】は、頭皮の炎症を抑えます!!

 

マラセチア真菌が引き起こした頭皮のつらい炎症の症状

 

痒み・フケ・赤みの炎症を抑えてくれるのが

 

 

 

【KADASON(カダソン)スカルプシャンプー】に配合されている

 

抗炎症成分の【グリチルリチン酸2K】です。

 

 

 

 

【グリチルリチン酸2K】は、頭皮の痒みやヒリヒリを抑える成分です。

 

 

 

 

【KADASON/カダソン】の成分の相乗効果

 

【KADASON(カダソン)スカルプシャンプー】に配合されている

 

天然由来の成分は、皮膚科医が厳選しました。

 

 

そのポイントをまとまると

 

 

 

・石油系界面活性剤未使用

 

99%天然成分でできた、アミノ酸系シャンプー

 

皮脂の洗い落とし過ぎ・刺激による痒みを防ぎます。

 

 

 

・抗菌成分の『サリチル酸』配合

 

カビ菌の【マラセチア真菌】を殺菌します。

 

 

 

・抗炎症成分の【グリチルリチン酸2K】配合

 

頭皮の痒み・ヒリヒリ感を抑えます。

 

 

 

・水溶性保湿成分【シロキクラゲエキス】配合

 

“油系”の一般的な良質の保湿成分・保湿剤は、マラセチア真菌の栄養になってしまうのですが

 

水溶性の保湿成分である“シロキクラゲエキス”は、マラセチア真菌の増殖を防ぎ

 

頭皮や髪に潤いを与えます。

 

 

 

・天然の【育毛成分】配合

 

頭皮の脂漏性皮膚炎が悪化すると抜け毛が一時的に増えてしまう場合もありますが

 

カダソンシャンプーには、育毛成分も配合されています。

 

 

 

薄毛で頭皮のテカリ、ベタツキに悩んでいる方にも

 

カダソンシャンプーは、おすすめで育毛剤との併用もおすすめです。

 

 

 

 

カダソンシャンプーの悪い口コミの理由とは!?

 

これまで【KADASON(カダソン)スカルプシャンプー】について説明してきましたが

 

 

紹介したとおり、頭皮の脂漏性皮膚炎の方には、かなり効果が期待できる

 

スカルプ(頭皮)シャンプーです。

 

 

 

 

では、なぜ?

 

カダソンシャンプーが効かない!効果なし!合わない!変化なし!

 

などの悪い口コミがあるのでしょうか?

 

 

 

カダソンシャンプーが効かない理由①

 

カダソンシャンプーが効かない理由の1つに“使用する期間”があります。

 

 

間違いなく頭皮の脂漏性皮膚炎であれば、

 

カダソンシャンプーは、使い続けることで効果が期待できるのですが

 

 

 

症状がひどい方の場合には、ある程度一定期間は、継続して使うことをおすすめします。

 

 

 

 

その理由が、肌の《ターンオーバー》です!

 

ターンオーバーは、肌が生まれ変わる期間・周期です。

 

 

 

 

若く健康な頭皮の場合は、約1ヶ月ほどでターンオーバーするのですが

 

年齢が増していくと約45日程かかると言われています。

 

 

 

 

頭皮の脂漏性皮膚炎は、それにまして頭皮が荒れている状態ですから

 

健康な頭皮のなるまでは、通常よりも日数がかかってしまいます。

 

 

 

 

ですので、皮膚科で頭皮の脂脂漏性皮膚炎と診断されたなら

 

もしくは、脂漏の状態の方、皮膚科には、行ってないがカダソンシャンプーを試したい方は、

 

 

 

3ヶ月は、継続してカダソンスカルプシャンプーを使用していただけばと思います。

 

 

 

 

症状が悪化した場合は、症状が似ていても脂漏性皮膚炎ではない

 

可能性あるので早めに皮膚科の受診をおすすめします。

 

 

 

 

また、カダソンスカルプシャンプーを使用している間は、

 

市販のコンディショナーやリンスの使用を控えることをおすすめします。

 

 

 

 

コンディショナーやリンスにも石油系の界面活性剤は、使われています。

 

配合されている“保湿成分”は、頭皮のカビ菌“マラセチア真菌”の栄養になってしまいます。

 

 

 

 

カダソンシャンプーが効かない理由②

 

皮膚科で頭皮の脂漏性皮膚炎を診断されて

 

頭皮,脂漏性皮膚炎頭皮,脂漏性皮膚炎頭皮,脂漏性皮膚炎

 

 

【KADASON(カダソン)スカルプシャンプー】をしばらく使ってみても

 

 

その症状、脂漏性皮膚炎ではなく【乾癬】かもしれません!

 

 

 

【乾癬】は、あまり聞かない疾患名でなじみがないと思いますが

 

 

その症状は、脂漏性皮膚炎と、とてもよく似ているのです。

 

 

下の画像は、【乾癬】の症状が悪化した状態ですが、

 

まだ、【乾癬】の状態が軽い時には、脂漏性皮膚炎と症状が

 

よく似ているために皮膚科でも区別しにくい状態になります。

 

乾癬

 

 

ある事例を紹介しますと

 

 

学校の同級生で同じ頭皮の痒みやフケ、赤みに悩んでいる

 

男子学生がいて、情報交換していく中で

 

2人でカダソンスカルプシャンプーを購入して、同時に使い始めたのですが

 

 

一人は、すぐに効果を実感して、喜んだのですが

 

もう一人は、まったく変化がなかったです。

 

 

 

そこで、いつも行っている皮膚科には、行かずに別の皮膚科で

 

 

診てもらったところ、【乾癬】と診断されました。

 

 

【KADASON】カダソンスカルプシャンプーが

 

効かない、効果なし、変化なしだった理由は、

 

 

 

 

脂漏性皮膚炎ではなく、【乾癬】だったという訳です。

 

 

皮膚科に行く段階でも、問診による答えの内容が違ってくるので

 

 

 

 

皮膚科で診てもらうときは、

 

出来るだけ今までの症状の状態を詳しく伝えると診断も違ってくると思います。

 

 

 

脂漏性皮膚炎に専用の【KADASON】カダソンスカルプシャンプーがあるように

 

 

 

 

【乾癬】にも専用のシャンプーがあります。

 

 

 

2017年になって、厚生労働省から新しく医薬品として

 

 

承認された頭部の尋常性乾癬の新薬

 

ステロイド入りの《コムクロシャンプー0.05%です。

 

ステロイド,コムクロシャンプー,0.05%,乾癬

 

ステロイド含有シャンプー剤

 

マルホのコムクロシャンプー0.05%

 

 

 

 

詳しくは、こちらの記事で紹介しています。

 

>>> ステロイド入り乾癬治療剤《コムクロシャンプー》

 

 

 

 

おすすめ“関連記事”はこちら

 

>>> 皮膚科でもらった【ニゾラールローション】が効かない理由

 

>>> 【価格比較】KADASON(カダソン)スカルプシャンプー通販

 

>>> KADASONシャンプー【最安値】は公式サイト

 

 

 

 

【乾癬】と診断されたら

 

>>> 乾癬は病気じゃないんだ

 

 

 

 

界面活性剤未使用!99%天然成分配合の

【KADASON(カダソン)スカルプシャンプー】

詳しい情報は《公式サイト》でご覧になれます。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

=

【PR】【KADASON】公式サイト

メニュー