TOP >> 【皮膚科】頭皮の “掻き毟るような痒み” や “フケの塊” の症状のある方は、 一度、皮膚科を受診しましょう。

【皮膚科】頭皮の《脂漏性皮膚炎》強い痒みやフケの塊の症状のある方は、 皮膚科で診察しましょう。

頭皮の《脂漏性皮膚炎(頭皮湿疹)の症状のひどい方は、

 

掻きすぎて “頭皮からの出血” や “カサブタ” や 大きいめのフケ “フケの塊”の

 

症状が出ている方は、まずは、皮膚科で診察を受けてみることもおすすめします。

 

 

皮膚科では、症状により “内服薬” と “外用薬” が処方されと思いますが

 

 

“注意点” 気を付ける点が2点あります!!

 

 

皮膚科で処方される薬、

 

“飲み薬” 内服薬は、症状が治まってくる効果が期待できるのですが・・・

 

 

【注意1】

 

頭皮の脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)が悪化すると

 

掻きむしるような “激しい痒み” を抑えるために外用薬に

 

ステロイドが処方されると思うのですが・・・

 

 

ステロイドの使い方としては!

 

効果の弱い “ステロイド” を長期間、長くダラダラと使うのではなく

 

強めの “ステロイド” で一気に症状を治して(改善)短期間でサッと、使用をやめる事です。

 

 

この “ステロイド薬の使い方” は、ベテランの脂漏性皮膚科医の先生の方が上手です。

 

 

経験の少ない皮膚科医の先生では、慎重に弱めのステロイド薬で効果をみながら

 

処方していくの長期間使うことになる場合があります。

 

 

副作用の弱いステロイドで 使用してみて症状が改善しない、効果が弱いと判断してから

 

“効かなければ薬を強くする” という感じで、

 

徐々に強めのステロイドに変えていく処方のやり方です。

 

 

どちらが正しいかは、言い切れませんが

 

頭皮の脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)が改善した人たちやアトピー性皮膚炎で

 

長く皮膚科で治療を受けている方に聞いてみると

 

 

処方の仕方、薬の使い方は、経験のある皮膚科医の先生ほど上手という声をよく聞きます。

 

 

 

【注意2】

 

外用薬となる市販のシャンプーに混ぜるて使う

 

抗真菌作用のある “ニゾラールローション” があります。

 

 

“ニゾラールローション” の注意ン点は、混ぜ込む市販のシャンプーの成分によって

 

 

もともと配合されている《成分》で

 

頭皮に悪化の原因となる “刺激” を与えながら、

 

“ニゾラールローション” で抗菌する事になりますので

 

 

実際には、効果が見込めなかったの現状もあるようです。

 

 

そのため、

 

混ぜて使うシャンプーを “市販” のものを使う時には、

【石油系界面活性剤】の配合されていない

 

刺激の少ない無添加のシャンプーを使用していきましょう。

 

 

その点、【KADASON】カダソンスカルプシャンプーは、実際に皮膚科でモニターで

 

頭皮の脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)の患者さんに使ってもらった結果、

 

 

モニターの方々の満足度93%という 高い評価を得てから

 

皮膚科専門医が監修しながら開発したされた

 

「石油系界面活性剤」配合していない 《天然成分》 で作られています。

 

 

特に脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)できちんと清浄が必要な

 

頭皮のスキンケアが必要な方に使ってもらいたいスカルプシャンプーです。

 

 

《kadasonスカルプシャンプー》公式販売サイトはコチラ

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

 

 

 

 

【TOP】ページ

 

【kadason】シャンプー《最安値》通販はココ♪Amazonと楽天よりお得な公式サイト

 

=

【PR】【KADASON】公式サイト

メニュー